自費で印刷をして出版することも可能

日本には同人誌という文化があります。これは、いわゆる自費出版というもので、自分で作品を印刷して世の中に公表していくことを指しています。印刷はコンビニのコピー機ですることもできます。この手法で作られた本をコピー本と呼んでいます。もちろん、印刷会社に依頼をしてしっかりした本を大量生産してもらうこともできます。全国のショップに委託販売してもらうのであれば、こちらの方法を採用するのが普通です。お金は実はそれほどかからないものです。ページ数が少ない漫画などなら、表紙をしっかりしたものにしてもかなり安い値段で依頼できます。ですから、利益を出すことも比較的簡単になっています。小説などはページ数が多いですから、自費出版をするのにもかなりのお金がかかってしまいます。小説なら、電子書籍で発表をするのがいいかもしれません。

フレキソ印刷の仕組み

フレキソ印刷とは、柔軟な弾性がある版である樹脂やゴム版を使用して、印刷方式については凸版コピーによって、一般における凸版コピーと比較して、通称はキスタッチと言われて印圧が軽めであることが特徴です。また、インキ転移においては、オフセットコピーのように練りロールなどは使わずに、細かなメッシュによる彫刻ロールを使用して、均一に転移させていくことが特徴で、そして、インキにおいては紙媒体については溶剤系インキではなく、水性インキやUVインキなどを使用しており、フレキソ印刷によって環境に優しいと言われています。またフレキソコピー機にはダンボールシート用を除いて輪転コピー方式という方法であるので、後加工装置を取り付けることが可能で、また製函や製袋ラインと直結でき、つまり、一貫生産ラインとなっていますから、トータルコストが安くなるでしょう。そして、これらについてはベタコピーに関しても優れていますが、今日においては網点コピーによる品質が向上し、ラベルや紙器、軟包装によるコピーにも活用され始めております。

喪中はがきは印刷依頼してもらいなさい

毎年年末になると年賀状の作成シーズンになりますが、家族などに不幸が生じた場合は12月前くらいに喪中はがきを送って年賀状が来ないようにさせる必要があります。その喪中ハガキは自分で作成するのもいいですが、この作業は案外簡単そうで結構めんどくさい作業であります。まず誰が何月何日に何歳で逝去したかを文中に明記しなければならず、その文字の大きさや配置の調整に苦労します。そしてレイアウトや文面が出来上がるとそれを何十枚と印刷しないとなりません。それにも時間がかかります。そこでお金は少々要りますが、町の印刷屋さんに依頼したほうがある意味では労苦を軽減できたりします。しかしその街の印刷屋がどこにあるかわからない場合は今ではインターネットで通販業者を探すことができたりします。その通販業者をいろいろ調べて納得いったところで作業を依頼することでお金も手間も省くことできます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です