印刷の無線綴じと中綴じ

印刷の中でもいろんな種類がありますが、カタログなどは無線綴じのものが多いですよね。無線綴じのものだと高級感がでますよね。商品などをのせるカタログなどに多いタイプでしょう。また、論文や図録など、ページ数が多く分厚いタイプのものにはこの無線綴じが選ばれているようです。もっと薄いタイプのもの、パンフレットや資料などは中綴じ冊子になるようです。自分が作りたいものによって、綴じ方が違ってくるんですね。また、価格も中綴じと無線綴じでは違ってくるようなので、予算から考えてみてもいいのかもしれません。やはり一番大事なのが読みやすさや見た目ではないでしょうか。冊子などを手にする時、あまり無線綴じか中綴じかということを気にしたことはないですが、作ることになればそういうことを考えていろいろ選ぶ必要があるようです。

ポスター、チラシ印刷もリーズナブル

営業用のチラシは印刷から配布まで意外と時間とお金がかかります。大手企業で枚数も多く配布頻度の高いところは指定の印刷会社と配布や折込料の割引などがありますが、中小の企業にとって広告媒体となるチラシやポスターの作成は負担となります。すでにネットサイトを利用している方も多いようですが、チラシは宅配だけでなく、チラシ印刷と配布までを一手に請け負ってくれる会社もありますので、新聞折込や配布サービスの手間が省けます。チラシの作成に慣れていない方も製作したい内容やコンセプトを伝えデザインの手助けをしてもらえるので、今まで「チラシまでは」と考えていた方も比較的負担が少なく挑戦できるでしょう。会社やお店だけでなく地域のイベントのお知らせなどでも需要があります。チラシだけでなくポスターなども少ない枚数から製作可能です。ネットで簡単に見積もりができるのが便利です。

インターネットを使った印刷

今までは、ポスターなどを製作し印刷をするためには、自分でパソコンを使用してデザインを製作しパソコンのプリンターなどを使用して印刷することがほとんどでしたが、最近ではインターネットを利用して簡単にポスターなどをプリントアウトすることができます。インターネットを使ってポスターを製作するには、自分でポスターのデザインを製作し、データを送ることでプリントアウトだけを依頼することができたり、ポスターのデザインからプリントアウトのすべてを依頼することができたりと、とても便利なサービスがあります。プリントアウトを依頼すれば、できあがったポスターなどを宅配便で送ってくれるで、ポスターを製作するために時間をとられることもなく、あとはただ張るだけという自分で製作し印刷をするよりもとても簡単ですし、カラーの場合や枚数が多い場合には、自分でプリントアウトするよりも業者さんに頼むほうが安くすみます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です